重要なお知らせ

アジアンドキュメンタリーズ テーマ:『夢よりも儚き世の中で』
作詞・歌 玉城ちはる/作曲 菅大祐/ピアノ 永田ジョージ

玉城ちはるが応援コメントを寄せています。
アジアンドキュメンタリーズ
最新作:『アングリーバードとバナナ合唱団』

<2022年12月1日から順次公開>
東京 シネマ・チュプキ・タバタ
大阪 シアターセブン
愛知 シネマスコーレ

2016年製作
作品時間:87分
撮影地:インド
製作国:韓国・インド
配給:アジアンドキュメンタリーズ
監督:ジー・ヘウォン
製作:キム・ソナ
製作総指揮:ソン・ウヨン
撮影監督:ウォン・ソンドク、ソン・ウヨン
編集:ペ・ウォンジュン、ジー・ヘウォン

<アジアンドキュメンタリーズ>
公式サイト公式Facebook公式Twitter

スケジュール

プロフィール

 

玉城 ちはる(たまき ちはる、1980 年 4 月 19 日 – )浅井企画所属。シンガーソングライター、家族相談士。

広島県出身。群馬県高崎市在住。
24歳の時、偶然の出会いから中国人留学生の面倒をみることになる。
その後「自身に出来る社会貢献活動」として 10年間で約36名の留学生と養護施設出身者との共同生活を行う。
2014年1月、公益財団法人日本ユースリーダー協会第5回「若者力大賞~ユースリーダー賞~」受賞。
2014年9月24日、初のフルアルバム『私は生きてる』でテイチクエンタテインメントタクミノートよりメジャーデビュー。
2018年4月初のBEST盤『笑って泣いて、またわらう』、2021年4月『ありがとう ごめんなさい 大好き』をリリース。
現在、「ホストマザー」としての経験を活かし、全国の小中学校・高校・大学で歌と講話の講演『命の参観日』を行う。
講演校は140を超え、口コミだけで全国に広まる。アジア各国でも講演を行った。
LINEでの相談も積極的に受け、登録者数 2100名超。重要なライフワークとなる。
また、ひきこもり3年、精神科入院歴もある女性の自宅支援(共同生活)も行い、広島版ひきこもり支援ポータルサイト「ハルモニ@ホーム」のアンバサダーを努めるなど、本格的なひきこもり支援も行う。
2022年から群馬県三枚橋病院で精神保健福祉士補助者、通称アカンパニメントサポーター(相談支援者)としても活動を開始。
2023年6月相談カフェ「こもれびカフェ」オープン。

玉城ちはる 歌手活動 10周年記念初のベストアルバム
「TAMAKI CHIHARU BEST」笑って泣いて、またわらう

──── 少女から大人へ、そして母になりました
「寄り道ばかりの人生で こんな私を笑ってますか」
止まることが怖くて、迷ってばかり、ケガしてばかり、全力疾走体当たり

だから今思うこと それでも私は 笑っていたい

<収録曲>
1.風になれば 2.好きだよ(Live Version) 3.ひだまり 4.ヒトリゴト(Live Version) 5.私は生きてる 6.ラブレター(Live Version) 7.彼女の嘘 8.天泣~イチョウの木の下で~ 9.千年物語 10.笑い泣き(新曲) 11.シャバダバ(新曲)

講演・セミナー

異文化を理解し、共に暮らす互いのちがいを越えてきた経験を、歌とともに伝えたい。

2009年より始め、2022年には100回を突破。計3万人以上の方に講演を全国各地で行っております。

講演テーマも、平和、人権、多文化共生など多岐に渡ります。

LINE相談

 

玉城ちはるの伴走LINE相談。
いつでも、何度でも、どんなお話でも大丈夫です。

ラジオパーソナリティ

毎週土曜
10時~10時半
FM世田谷

玉城ちはるの心の参観日


様々な分野の知らないこと今だから知りたいことをわかりやすくお伝えしていく番組です。

月1回更新
いつでも視聴可能
ハルモニ@ホーム内

ハルモニ@ホームラジオ


毎月精神疾患のある方、ご家族(きょうだい児含め)支援者など、さまざまな立場の当事者の方と対談をし、紹介していきます。

アンバサダー・理事

RESCHO
Dear Partners

広島版ひきこもり支援情報
ポータルサイト「ハルモニ@ホーム」

こども電話
「童神」

活動報告

facebook

玉城ちはるオンラインサロン「一日一笑」

オンラインサロン「一日一笑」にご入会いただくと、様々な特典がございます。